【4/3(土)】[CCNE協力] 第5回『原発と人権』全国研究・市民交流集会inふくしま開催のお知らせ

【4/3(土)】
「原発と人権」全国研究・市民交流集会 in ふくしま
[主催:第5回「原発と人権」全国研究・市民交流集会 in ふくしま 実行委員会他]
福島原発事故から10 年 これまで と これから
開催のお知らせ

 

point 日 時:2021年4月3日(土)13:00~17:30

point 場 所:オンライン開催(zoom)

point 申し込み:下記よりお申し込みください。
      https://forms.gle/YFKMKsaTaeoukiAb9

※分科会など関連イベント・情報についてはこちらをご覧ください。

point 主 催:第5回「原発と人権」全国研究・市民交流集会inふくしま 実行委員会、「原発と人権」ネットワーク、福島原発事故の被害救済と復興を検証する会(原子力市民委員会は実行委員会に参加)

point 趣 旨:
東京電力福島第一原発事故から10年が経ちました。
未だに故郷に帰れない避難者は、「区域外避難者」を含めると、9~10万人と推定され、健康状態の悪化、高いストレス、社会機能に障害を生ずるまでの抑うつ・不安、経済的不安、住宅支援打ち切りによる不安等、様々な困難が新たに発生しています。
帰還を希望する避難者も、高い放射線量、未整備な医療・福祉体制やライフラインといった生活環境、生業の喪失等から希望はかなわず、原発事故被害の膨大さ、過酷さ、被害回復の困難さを改めて思い知らされます。
一方で、東電はまともに賠償に応じようとしません。また、政府は、被害者への補償を次々と打ち切り帰還を強制するとともに、事故原因の解明は不十分なまま、原発の再稼働を強行しています。
こうした状況の中で、私たちは「第5回『原発と人権』全国研究・市民交流集会inふくしま」をオンラインにて開催します。
何よりも事故から10年を経過した福島の現状、被害者の皆さんの状況を確認し、運動の到達点を押さえ、復興の諸課題、そして原子力政策のありようを考えます。

point プログラム
13:00~13:05 主催者挨拶 / 実行委員長 磯野弥生(東京経済大学 名誉教授)

13:05~15:05 基調講演
◆原発被災の10年~被災者の生活回復の諸課題
    / 今野順夫さん(福島大学名誉教授、ふくしま復興支援フォーラム)
◆原発避難者の被害実態について~精神医学的見地から
    / 辻内琢也さん(早稲田大学人間科学学術院 教授)
◆福島原発事故は、いつまで続くのか~廃炉に関する諸問題
    / 後藤政志さん(原子力市民委員会)
◆3.11から10年~パンデミック時代の核・原子力政策
    / 鈴木達治郎さん(長崎大学核廃絶研究センター副センター長・教授)

15:05~15:20 休 憩

15:20~17:20 法廷での闘いと福島・全国からの報告
〈 裁判闘争報告 〉
◆福島原発避難者訴訟報告 / 米倉 勉さん(原発被害弁護団全国連絡会代表世話人)
◆脱原発訴訟報告~再稼働問題を中心に / 海渡 雄一さん(脱原発弁護団全国連絡会共同代表)

〈 福島の現状 〉
◆津島地区 / 三瓶 春江さん(津島地区原発事故の完全賠償を求める会)
◆中通り地区 / 佐藤 純子さん(カーロふくしま)
◆浜通り地区 / 金井 直子さん(福島原発避難者訴訟原告団事務局長)
◆汚染水海洋投棄問題 / 柳内 孝之さん(小名浜機船底曳網漁業協同組合)

〈 全国からの報告 〉
◆最終処分場問題 / 米谷 道保さん(北海道連絡会議)
◆借上げ住宅の明渡し問題の現状 / 井戸 謙一さん(“米沢追い出し訴訟”(雇用促進住宅明け渡し訴訟)弁護団)

17:20~17:30 今後の展望・分科会紹介 / 実行委員 松野信夫(関東学院大学)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク