新着情報

2018/9/14
【10/6(土)】[CCNE共催]原発ゼロ社会への道 連続講座2018<第3回>
「原発ゼロ時代のエネルギー政策の展望 ―電力システム改革下の原発延命策と新エネルギー
基本計画の非現実」(愛知県名古屋市)開催のお知らせ
new025_04
2018/9/12
【10/13(土)】[CCNE協力]「『原発ゼロ社会を創造するために』公開講演・意見交換会」
(岩手県盛岡市)開催のお知らせ
new025_04
2018/9/12
【9/29(土)】[CCNE共催]原発ゼロ社会への道 連続講座2018<第2回>
「福島原発事故で失われたもの ― 賠償や復興政策は被害者を救済したか」(愛知県名古屋市)
開催のお知らせ
new025_04
2018/8/28
原子力市民委員会 声明「東海第二原発の安全性は確認されておらず、再稼働をするべきではない」
を発表しました(2018/8/28)
new025_04
2018/8/27
【8/30(木)】「福島県外の放射能汚染に関する意見交換 ── 茨城県と栃木県での市民活動の
経験から」開催のお知らせ
new025_04
2018/8/23
【8/29(水)】「海洋放出ありきでいいの?『トリチウム等汚染水の取扱いに係る説明・公聴会』
直前!緊急事前学習会」開催のお知らせ
new025_04
2018/8/13
「第二十回 原子力市民委員会 ~原子力の安全における自治体の役割と課題~
東海第二原発周辺自治体における安全協定見直しの意義と課題」を開催しました
new025_04
2018/8/13
「東海第二発電所の設置変更許可申請書に関する審査書案についてのパブリック・コメント文例」
に意見を追加しました

2018/8/2
「東海第二発電所の設置変更許可申請書に関する審査書案についてのパブリック・コメント文例」
を公開しました

2018/7/27
【8/9(木)】「第二十回 原子力市民委員会~原子力の安全における自治体の役割と課題~」
開催のお知らせ

2018/7/26
【7/29(日)】「福島第一原発の後始末と脱原子力社会への転換」(第4回「原発と人権」全国研究
・交流集会 in ふくしま 第1分科会) を主催します

2018/7/4
【7/7(土)】[CCNE共催イベント]「原発ゼロ社会への道 連続講座 2018 第1回 武藤類子講演会
問われぬ責任と当事者不在 東電元幹部の刑事裁判のゆくえ」(名古屋市)開催のお知らせ

2018/6/15
「『第5次エネルギー基本計画』(案)についてのパブリック・コメント集」を公開しました
2018/6/12
原子力市民委員会 緊急公開セミナー「エネルギー基本計画案を解剖する」を開催しました
(2018/6/8)

2018/6/6
声明「トリチウム水は大型タンクに100年以上保管せよ」ほかを福島県に提出・意見交換を
行い、記者会見を開催しました(2018/6/6)

お知らせ

【9/29(土)】[CCNE共催]
原発ゼロ社会への道  連続講座2018<第2回>
「福島原発事故で失われたもの ― 賠償や復興政策は被害者を救済したか」
開催のお知らせ

(共催:原子力市民委員会、未来につなげる・東海ネット)

 福島原発事故5ヶ月後に成立した原子力損賠賠償支援機構法。フクイチの収束作業と被害者の賠償をすみやかに行えるように作られた新しい仕組みでした。
 しかし、7年余を経て明らかになったのは、被害者の多くは賠償すら得られず、わずかな支援策も次々に打ち切られるという非情な現実です。損害賠償裁判を起こした人も、被害の程度は過少評価され、十分な補償は未だに支払われていません。
 未曾有の放射能公害に対し、本来はどのような施策がなされるべきなのか。原発賠償問題研究の第一人者の除本理史さんのお話を聞き、参加者の皆さんと一緒に考えたいと思います。


point 日 時:2018年9月29日(土)13:30~17:00 (開場13:10)
point 会 場:名古屋市市民活動推進センター 集会室 (ナディアパーク6階
     (名古屋市中区栄三丁目18番1号)

point 講 師:除本 理史 さん
     (大阪市立大学大学院経営学研究科教授/原子力市民委員会委員)

point 参加費:700円(原発事故避難者&中学生以下無料)

point 除本理史(よけもと まさふみ)さん:
大阪市立大学大学院経営学研究科教授 専攻は環境政策論、環境経済学。公害・環境被害の補償と被害地域の再生、原発賠償と福島復興政策などを研究。著書(単著)に『公害から福島を考える』(岩波書店2016年),『原発賠償を問う』(岩波ブックレット2013年),『環境被害の責任と費用負担』(有斐閣、2007年),共編著に『放射能汚染はなぜくりかえされるのか』(東信堂2018年)ほか多数

point 共 催:原子力市民委員会未来につなげる・東海ネット

point 問合せ:e-mail:mirai.tokainet◎gmail.com(◎を@に変えてください)
     090-1099-1520(小室)
 
 

【10/13(土)】[CCNE協力イベント]
「『原発ゼロ社会を創造するために』公開講演・意見交換会」
(岩手県盛岡市)開催のお知らせ

(原発ゼロ岩手学識者の会 シリーズ第12回学習研究会)

 原子力市民委員会は、昨年暮れに冊子「原発ゼロ社会への道 2017 ― 脱原子力政策の実現のために」を刊行しました。原発ゼロを目指す運動のバイブル的な役割を果たすものです。
 今回は、主として「原発ゼロ社会を創造するために」に関するお話をお聞きしたいと思います。野党共同で提案された「原発ゼロ法案」の意義・審議状況・今後についても言及していただき、原発ゼロへ向けた意見交換を行います。


point 日 時:2018年10月13日(土) 午後1時30分~
point 会 場:プラザ おでって 3階大会議室
    (盛岡市中ノ橋通一丁目1-10 TEL:019-604-3300)

point 講 演:「原発ゼロ社会を創造するために」
point 講 師:満田 夏花 さん
     (原子力市民委員会 座長代理、国際環境NGO FoE Japan理事/事務局長)

point 講演・質疑応答の後、意見交換のための時間を設けております。

point 参加費無料(会員に限らずどなたでも参加できます。)

point 主 催:原発ゼロ岩手学識者の会
point 協 力:原子力市民委員会

point 連絡先:
  原発からの早期撤退を求める岩手県学識者の会(略称:原発ゼロ岩手学識者の会)
  Email:ttakei◎iwate-u.ac.jp(◎を@に変えてください)
  T E L:019-621-6551