新着情報

2016/8/22
【9/3】「第十七回 原子力市民委員会 ~原発と広告・メディアをめぐって~」開催のお知らせ new025_04
2016/7/21
「声明:愛媛県は伊方原発3号機再起動への同意を撤回し、安全対策の徹底的な再検証を行うべきである」を愛媛県に提出、記者会見を開催しました(2016/7/21) new025_04
2016/6/13
公開フォーラム「『人間の復興』に必要な医療と健康支援とは? ~原発事故5年、いま求められていること~」を開催しました(2016/06/12) new025_04
2016/5/24
【6/12】原子力市民委員会公開フォーラム「『人間の復興』に必要な医療と健康支援とは?
~原発事故5年、いま求められていること~」開催のお知らせ

2016/5/17
原子力市民委員会「声明:熊本地震を教訓に原子力規制委員会は新規制基準を全面的に見直すべき
である」発表、記者会見&意見交換会を開催しました

2016/5/12
【5/17】原子力市民委員会 「声明:熊本地震を教訓に原子力規制委員会は新規制基準を全面的に見直すべきである」発表記者会見&意見交換会開催のお知らせ(2016/5/12)
2016/4/27
「第十六回 原子力市民委員会」を開催しました(2016/4/25)
2016/4/19
【4/25】「第十六回 原子力市民委員会~帰還政策は被災者に何をもたらしているか~」
開催のお知らせ

2016/3/31
原子力市民委員会 原発ゼロ行程部会 声明「電力自由化における原子力発電の問題点
~原発ゼロ電気は選択できるか」を発表、記者会見・意見交換会を開催しました

お知らせ

「第十七回 原子力市民委員会」
~原発と広告・メディアをめぐって~
開催のお知らせ

 「第十七回 原子力市民委員会」を下記のとおり開催いたします。
 当日は、「原発と広告・メディアをめぐって」をテーマとして、元博報堂社員で『原発プロパガンダ』、『電通と原発報道』、『原発広告』、『原発広告と地方紙』などの著書のある本間龍さんにご講演をいただき、ディスカッションを行います。
 また、現在、交渉中ですが、もうお一人、原発事故取材の経験豊富なジャーナリストにも、テレビと原発報道についてのご講演をいただく予定です。(決定次第、情報を掲載いたします。)
 どなたでも傍聴いただけます。多くの方にお越しいただければ幸いです。


point 日  時:2016年9月3日(土)14:00~17:00
point 場  所:東京堂ホール(東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階)
      東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」 A7出口より徒歩2分

point 主な議題:
      第一部:原発と広告・メディアをめぐって・・・・・・・・・・・14:00~16:00
        (1)講演:
            本間龍さん(著述家、元博報堂社員)
            原発事故報道のスペシャリスト(交渉中)
        (2)ディスカッション
      第二部:原子力市民委員会の活動と今後の取り組みについて・・・16:00~17:00

point 傍聴のお申込み:
      当日でもご参加いただけますが、資料の都合上、9月1日(木)までに
      下記のEmailかFaxにて、お申込みいただけますと幸いです。

point 原子力市民委員会 事務局
      〒160-0004 東京都新宿区本塩町7-7 新井ビル3階(高木仁三郎市民科学基金内)
      Tel / Fax 03-3358-7064
      E-mail email◎ccnejapan.com(◎を@に変えてください。)