【3/2】<公開研究会>「アーニー・ガンダーセンさんに聞く アメリカの原発老朽化問題 Aging Nuclear Plants: Should they be allowed to continue to operate?」開催のお知らせ

【3/2】<公開研究会>
アーニー・ガンダーセンさんに聞く アメリカの原発老朽化問題

Aging Nuclear Plants: Should they be allowed to continue to operate?
開催のお知らせ

  point 日 時:2016年 3月 2日(水) 18:45~21:30
  point 会 場:日比谷図書文化館 4階 スタジオプラス
  point 主 催 :原子力市民委員会 原子力規制部会(第4部会)
  point 参加費 :無料

  point 公開研究会の主旨:
   ●この公開研究会では、アメリカのエネルギーコンサルタントで、原発の技術的な課題や、
    原子力規制のあり方について、積極的な問題提起を続けているアーニー・ガンダーセン
    さんから、アメリカにおける原発老朽化や安全対策上の課題について、具体的な事例を
    紹介していただきます。(なお、講師の発表は英語とし、逐次通訳を行います。)
   ●日本においても、原発再稼働や老朽原発の運転延長が強引に進められようとしています
    が、アメリカの原発での具体的な事例を学び、原発老朽化問題への理解を深める機会に
    したいと考えておりますので、積極的にご参加ください。

  point 講師プロフィール:アーニー・ガンダーセンさん
     エネルギー・コンサルティング会社のフェアウィンズ・アソシエーツのチーフ・エンジ
    ニア。原子力工学、原子力施設の廃止措置および放射性廃棄物管理が専門。レンセラー
    工科大学で学位を取得、原子力委員会の奨学金を受けて、同大学で原子力工学の修士号を
    取得した。原子炉操作のライセンスを保有するとともに、原子力企業の元副社長でもある。
    これまで、全米の70の原子力発電所での業務に関わるなど、原子力発電のエンジニアとし
    て40年の経験を持つ。

  point コメンテーター:筒井哲郎(プラント技術者の会、元化学プラント技術者、
                原子力市民委員会規制部会部会長)
           後藤政志(元東芝 原発設計技術者、NPO法人APAST理事長、
                原子力市民委員会委員)              ほか

  point 申込・問合せ:
     会場の席数が限られているため、できる限り、2月29日(月)までにメールかFAXで
    お申込み下さい。申し込み状況によっては、当日参加に対応できない場合がありますので
    ご了承下さい。
                 原子力市民委員会 規制部会(第4部会) 担当:菅波 完
                             e-mail: email@ccnejapan.com
                             TEL/FAX: 03-3358-7064

20160302_CCNE_Gundersen

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク