【12/7】「原子力産業現状報告2017 ―世界の原子力開発についての独立した立場でのアセスメント―」開催のお知らせ

【12/7】
原子力産業現状報告2017
―世界の原子力開発についての独立した立場でのアセスメント―
開催のお知らせ

 世界の独立した研究者から構成される研究プロジェクト「世界の原子力産業」の2017年版の現状報告(World Nuclear Industry Status Report 2017)について公開シンポジウムを行います。
 最新の世界の原子力産業の実態を知る貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。


point 日  時:2017年12月7日(木)14:30~18:00(開場14:00)
point 場  所:衆院第一議員会館 多目的ホール
point 資 料 代:1000円  学生300円

point プログラム:
     第1部 プレゼンテーション: 2017年版からの報告
           マイケル・シュナイダー
             (独立コンサルタント、「世界の原子力産業現状報告」筆頭著者)

     第2部 パネルディスカッション: 原子力vs再生可能エネルギー
                     -日本は世界のエネルギー状況の例外か?-
           マイケル・シュナイダー
           伴英幸(原子力資料情報室共同代表)
           経産省(登壇交渉中)      ほか

point 共  催:原子力資料情報室、グリーン・アクション、新外交イニシアティブ、
      高木仁三郎市民科学基金、原子力市民委員会
point 協  力:超党派議員連盟 原発ゼロの会

point 問い合わせ:
   NPO法人 原子力資料情報室
      E-mail:contact◎cnic.jp TEL:03-3357-3800
        (メールアドレスの◎は@に変更してください。)


カテゴリー: 未分類   パーマリンク