【5/8】 原発ゼロ社会への行程(『脱原子力政策大綱』より)~行財政の仕組みをつくりかえる~

【5/8】原発ゼロ社会への行程(『脱原子力政策大綱』より)
~行財政の仕組みをつくりかえる~

 
 2014年4月11日(金)、原発回帰を明記した新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました。奇しくもその翌日に発表されたのが、『脱原子力政策大綱』です。2013年4月から様々な分野の市民や専門家が集い議論を重ねてきました。本セミナーではその中で、「原発ゼロ社会への行程(第5章)」を中心に扱い、行財政の仕組みをどのように作り変えていくべきか、議論します。


    point 日 時: 2014年5月8日(木) 12:30~14:30
    point 会 場: 衆議院第二議員会館 多目的会議室
    point 資料代: 1000円
        (『原発ゼロ社会への道――市民がつくる脱原子力政策大綱』をお持ちの方は無料)
    point 中 継: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

    point プログラム
     1.eシフト、原子力市民委員会の取組み紹介
        『脱原子力政策大綱』とは
     2.大島堅一(立命館大学国際関係学部教授)
        原発ゼロ社会への行程の基本的アウトライン
     3.松原弘直(環境エネルギー政策研究所 主席研究員)
        現状の体制の課題:
         新エネルギー基本計画、原子力損害賠償支援機構法の改正、
         再生可能エネルギー導入や再稼動に関する判断体制など
     4.質疑応答

    point 主 催:原子力市民委員会・eシフト
    point 問合先:eシフト事務局(FoE Japan内)
          TEL: 03-6907-7217 FAX: 03-6907-7219 http://e-shift.org
         原子力市民委員会(高木仁三郎市民科学基金内)
          TEL/FAX:03-3358-7064 http://www.ccnejapan.com/

カテゴリー: 未分類   パーマリンク