「高浜原発再稼働についての自主的公聴会 in 福井県小浜市」を開催、「見解:高浜原発 3・4号機の再稼働は容認できない」を発表しました(2015/2/1)

「高浜原発再稼働についての自主的公聴会 in 福井県小浜市」を開催、
「見解:高浜原発3・4号機の再稼働は容認できない」を発表しました

2015年2月1日

 
 原子力規制委員会が、関西電力高浜原子力発電所3・4号機について、再稼働の前提となる設置変更許可申請の審査書を発表する見込みであることを受け、原子力市民委員会は、2月1日、福井県小浜市で「高浜原発再稼働についての自主的公聴会 in 福井県小浜市」を開催し、「見解:高浜原発3・4号機の再稼働は容認できない」pdficon_sを発表しました。

 「自主的公聴会」の中で、吉岡斉座長は、本見解の骨子の説明を行ったほか、筒井哲郎規制部会長が見解の「別紙1:適合性審査が安全を保証しない技術的根拠」に関連する説明、満田夏花座長代理が「別紙2:高浜原発の原子力防災計画および地元同意に関する問題点」に関する説明を行いました。
 また、大島堅一座長代理は「経済と再稼働問題」と題し、原子力発電の本来のコストとはいかなるものであるかの説明を行ない、再稼働が行われた場合と行われなかった場合の経済への影響の比較を行いました。原子力市民委員会アドバイザーのアイリーン・美緒子・スミス氏は、「高浜原発をめぐる避難計画の特徴と問題点について」と題し、高浜原発緊急時における自治体の避難計画の具体的な問題点について指摘し、会場からの意見を求めました。
 会場からは、高浜原発再稼働に関して、数多くの意見表明が行われ、それに対し、原子力市民委員会の出席者が応える形で、活発な意見交換が行われました。なお、当日、会場から寄せられた意見等は、後日、本ホームページ上で公開する予定です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA IMG_3802
IMG_3772 IMG_3789
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク