「見解:川内原発再稼働を無期凍結すべきである」を鹿児島県に提出、記者会見を開催しました

「見解:川内原発再稼働を無期凍結すべきである」を
鹿児島県に提出、記者会見を開催しました
2014年7月14日

 
 原子力市民委員会の吉岡斉座長代理と満田夏花委員は、7月14日、鹿児島県庁を訪問し、原子力安全対策課に対し、伊藤祐一郎鹿児島県知事に宛て、「見解:川内原発再稼働を無期凍結すべきである」を提出しました。原子力安全対策課参事2名に「見解」を手渡し、見解の内容について説明を行いました。
 その後、鹿児島県政記者クラブで記者会見を開催し、「見解」の提出について報告するとともに、原子力市民委員会が川内原発再稼働に反対する理由について、報道関係者への説明を行いました。

20140714_CCNE_1_teishutu2
鹿児島県原子力安全対策課への提出の様子
20140714_CCNE_2_kaiken
鹿児島県政記者クラブでの記者会見の様子
カテゴリー: 未分類   パーマリンク