【3/20】「第3回『原発と人権』全国研究・交流集会 in 福島」(3/19-20開催)でのCCNE/ISEP主催分科会『原発ゼロ社会に向けて』の詳細プログラムを掲載しました

「第3回『原発と人権』全国研究・交流集会 in 福島」
【3/20】第2分科会プログラム「原発ゼロ社会に向けて」

  point 日 時:2016年3月20日(日) 9:30〜14:30
  point 場 所:福島大学 M講義棟・3号室
  point 全体座長・司会:寺西俊一氏(日本環境会議/一橋大学)
  point 主 催:原子力市民委員会/環境エネルギー政策研究所

  ※「第3回 原発と人権 全国研究・交流集会 in 福島 ~人間・コミュニティの回復と原発のない
   社会をめざして~」の詳細については、開催要項参加案内原発と人権ネットワークWEB
   サイトをご覧ください。

 ■趣 旨

  1.福島・原発・再エネ・エネルギー政策・気候全般にわたって今起きている問題群を全体的に
    俯瞰しつつ、その解決に向けた方向性について、対話・探求・創造型のワークショップ方式
    で、論点を深掘り・展開する。
  2.フラットなワークショップ方式で討論を行う。

 ■プログラム

    第1部  9:30〜11:00    論点の提示(原発、再エネ、気候、エネ政策全般)
    第2部  11:00〜12:30  主要論点についての議論
                   昼食休憩
    まとめ  13:30〜14:30  総合討論:これからの原子力・エネルギー政策に向けて

  point 第1部:論点の提示(原発、再エネ、気候、エネ政策全般)(9:30〜10:30)
     ・論点提示後、若干の意見交換を行って、論点の追加・深掘り・重要性の判断等を行う
   (1)原子力発電復活を防ぐための主要争点(20分)
             論者:吉岡 斉氏(原子力市民委員会、九州大学)
   (2)持続可能なエネルギー供給を実現するための主要争点(20分)
             論者:飯田哲也氏(環境エネルギー政策研究所)

  point 第2部:主要論点ごとの議論(10:30〜12:30)
     ・以下の論点ごとの話題提供(各10分未満)をベースにそれぞれ議論する。
   (1)原発ゼロを実現するための政策体系とそのガバナンス
             話題提供:伴 英幸氏(原子力資料情報室)
   (2)原発再稼働をどう考えるか(安全規制を中心として)
             話題提供:筒井哲郎氏(原子力市民委員会、プラント技術者の会)
   (3)原発立地地域の課題
             話題提供:朴 勝俊氏(関西学院大学)
   (4)エネルギー・電力需給の将来像
             話題提供:松原弘直氏(環境エネルギー政策研究所)
   (5)地域からの実践的ソリューション
             話題提供:佐藤彌右衛門氏(会津電力)

  point 第3部:総合討論:これからの原子力・エネルギー政策に向けて(13:30〜14:30)
     寺西座長をコーディネータに、これまでの議論を踏まえつつ、現状から望ましい政策に
     向けて、政策プロセスやガバナンス、政治のあり方を含めて、どのように見直してゆく
     のかを議論する。

20160320_CCNE_03
カテゴリー: 未分類   パーマリンク