「原発ゼロ社会への道――新しい公論形成のための中間報告」

表紙
「原発ゼロ社会への道――新しい公論形成のための中間報告」(2.2MB)pdficon_s
(10月7日に発表した報告書に、一部、微修正を加えた最終版を10月12日に掲載しました。)
【要約版】(834KB)pdficon_s

目次
序章
 はじめに   
 0-1 福島原発事故による被害の深刻さ
 0-2 原発ゼロ社会を実現すべき理由
 0-3 脱原発政策実現のための政治的条件
 0-4 脱原子力政策大綱をどのような方法で作成するか

第1章 福島原発事故の被害の全容と
    「人間の復興」

 第1章の構成と概要
 1−1 福島原発事故の実態と未解明課題
 1−2 被害の全貌と本質
 1−3 広域汚染の全容と対応策
 1−4 健康を守る ──「被ばくを避ける権利」の保障
 1−5 農業・漁業の再建と食の安全
 1−6 生活と地域の再建のための支援
 1−7 損害賠償のあり方
 1−8 除染と廃棄物政策
 1−9 作業員の健康管理と被ばくの低減

第2章 放射性廃棄物の処理・処分
 第2章の構成と概要
 2−1 議論と合意のための「場」の形成
 2−2 福島第一原発の事故炉処理、事故廃棄物の処理
    ・処分政策
 2−3 核燃料再処理政策の転換
 2−4 使用済み核燃料のリスク低減政策
 2−5 プルトニウム処理・処分政策(プルサーマル政策
    を含む)
 2−6 高レベル放射性廃棄物の最終処分
第3章 原発ゼロを実現する行程
 第3章の構成と概要
 3−1 原発ゼロを実現するための基本的アウトラ
    イン
 3−2 原子力損害賠償制度の見直し
 3−3 持続可能な社会を実現するエネルギーシス
    テムへの転換
 3−4 電力需給・経済影響などの緩和措置
 3−5 廃炉プロセスと電力会社などの経営問題
 3−6 原発ゼロの国民的合意形成プロセスのあり方
 3−7 原発輸出と国際的責任

第4章 原子力規制はどうあるべきか
 第4章の構成と概要
 4−1 安全はいかにして実現可能か ─規制の役割
    と限界─
 4−2 新規制基準の構成上の欠陥
 4−3 規制基準における耐震性をめぐる問題点
 4−4 立地評価を適用しないことの重大性
 4−5 設計基準を見直すべきである
 4−6 新規制基準の過酷事故対策では事故の進展
    を防げない
 4−7 信頼性に関わる重要な技術課題の欠落
 4−8 原発立地・再稼働について同意を求めるべ
    き自治体の範囲と防災対策の問題点
 4−9 老朽化原発の20 年延長問題
 4−10 原子力規制と司法審査

おわりに

 point 「中間報告」についての資料情報
 point 「中間報告」についての意見交換会 開催記録
 point 「中間報告」に関する討議資料
    [福島原発事故部会(第1部会)]
     「保養」の国庫・自治体援助可能性pdficon_s
     食品などの含有放射能測定体制の抜本的な改革についてpdficon_s
 point プレスリリース
     中間報告発表記者会見プレスリリース(中間報告概略)pdficon_s