【6/21(金)】[CCNE協力イベント]「福島原発事故由来の除染土・除染廃棄物問題をどのように考えるか」開催のお知らせ


【6/21(金)】
「福島原発事故由来の除染土・除染廃棄物問題をどのように考えるか」
[主催:日本環境会議(JEC) 協力:原子力市民委員会]
開催のお知らせ

 環境省は、今年3月に開催された「除去土壌の処分に関する検討チーム」第4回会合において、除染土(除去土壌)の処分に関する省令・ガイドライン案を提示しました。同案は、埋立処分するにあたって除染土に濃度基準を設けないなど、多くの疑問点が含まれています。このように、除去土壌を含め、除染によって発生する土壌、廃棄物の取り扱いは重要な政策課題となっていますが、問題構造が複雑なため、一般国民に理解しにくくなっています。

 本セミナーでは、福島原発事故で飛散した放射能に汚染された土地を除染した後に発生した除染土・廃棄物の扱いを今後どのようにすべきか、多角的に論じたいと思います。

 なお、本セミナーでは、「福島原発事故の被害救済と復興を検証する会」(略称:「福島検証する会」) の発足ならびに共同声明(第一次)の紹介も行われる予定です。


point 日 時:2019年6月21日(金)18:00~20:00(17:30開場)

point 場 所:東洋大学白山キャンパス1号館6階1603教室
      最寄駅:都営地下鉄三田線「白山」駅 徒歩5分
          東京メトロ南北線「本駒込」駅 徒歩5分
point 申込み:当⽇参加可能ですが、満席の場合は事前申し込み者を優先いたします。
point 申込みフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/65220e0f622293

point プログラム:
  司会:山下英俊(一橋大学、日本環境会議事務局次長)
 1.問題提起:
  1)大島堅一(龍谷大学、日本環境会議事務局長、原子力市民委員会座長)
    「除染土・除染廃棄物政策の概況」
  2)茅野恒秀(信州大学)
    「除染土・除染廃棄物問題の論点」(仮)
  3)礒野弥生(東京経済大学、日本環境会議代表理事)
    「除染土をめぐるガバナンスと法」
  4)村山武彦(東京工業大学)
    「指定廃棄物問題の特殊性と今後の課題」
   ※報告タイトル、報告者の変更がある場合があります。

 2.ディスカッション
   ・報告者と会場を合わせてディスカッション

point 参加費:無料(当日資料代をいただきます))

point 問合せ:原子力市民委員会 事務局
      〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル3階(高木仁三郎市民科学基金内)
      Tel / Fax 03-3358-7064
      E-mail email◎ccnejapan.com(◎を@に変えてください。)

  
カテゴリー: 未分類   パーマリンク