【4/30(月)】「第十九回 原子力市民委員会」開催のお知らせ

【4/30(月)】
「第十九回 原子力市民委員会」
開催のお知らせ

 原子力市民委員会は発足5年目を迎えました。今回の委員会では、運営規則に則して「改選」を行います。

 第二部では、現在委員会で作成中の下記の4つの意見書・声明および特別レポート5の紹介と意見交換を行う予定です。
 「福島第一原発事故による被災者に対する健康調査の拡充を求める意見書」(4/20発表)
 「声明 トリチウム水は大型タンクに100年以上保管せよ」
 「声明 エネルギー基本計画は原発ゼロ社会の実現を前提に見直すべき」
 「声明 火山影響評価ガイドの死文化を撤回せよ」
 「特別レポート5 原子力の安全基準はどうあるべきか」

 第三部では、各部会・プロジェクトチームより、今年度の活動方針を紹介をいたします。

 どなたでも傍聴いただけます。多くの方にお越しいただければ幸いです。


point 日  時:2018年 4月 30日(月・祝)14:00~17:00
point 場  所:東京堂ホール
       (東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6階)
        東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」A7出口より徒歩2分

point プログラム:
   第一部 原子力市民委員会 改選(14:00~14:30)

   第二部 意見書・声明の紹介とディスカッション(14:30~16:00)
   (1)「福島第一原発事故による被災者に対する健康調査の拡充を求める意見書」
   (2)「声明 トリチウム水は大型タンクに100年以上保管せよ」
   (3)「声明 エネルギー基本計画は原発ゼロ社会の実現を前提に見直すべき」
   (4)「声明 火山影響評価ガイドの死文化を撤回せよ」
   (5)「特別レポート5 原子力の安全基準はどうあるべきか」

   第三部 今後の活動方針、会場との意見交換(16:10~16:50)

   事務連絡(各地でのイベントの開催報告・案内など)

point 傍聴のお申込み:
      当日でもご参加いただけますが、資料の都合上、4月27日(金)までに
      下記のEmailかFaxにて、お申込みいただけますと幸いです。

point 原子力市民委員会 事務局
      〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル3階(高木仁三郎市民科学基金内)
      Tel / Fax 03-3358-7064
      E-mail email◎ccnejapan.com(◎を@に変えてください。)

 
 
  東京堂ホール
  

カテゴリー: 未分類   パーマリンク