[CCNE協力イベント]【6/28(火)19時~21時】連続シンポジウム「福島原発事故の経験から放射線防護のあり方を改める」第3回

 

[CCNE協力イベント]【6/28(火)19時~21時 オンライン開催】

市民科学講座 連続シンポジウム

シリーズ「福島原発事故の経験から放射線防護のあり方を改める」第3回
[主催:市民科学研究室・低線量被曝研究会 協力:原子力市民委員会 他]

 放射線防護の基準やその決め方などを市民科学の観点から問い直す連続シンポジウムの第3回を開催します(第1回は3月29日に、第2回は4月28日に実施済み)。

 市民科学研究室では、昨年(2021年)2月に「ICRP新刊行物と福島原発事故における放射線防護――作成にあたった委員を招いてのオンライン討論会」を開催するなど、ICRP Publication 146の策定過程で実施されたパブリック・コメントやその後に刊行されたICRPの報告書をめぐる議論に取り組んできました。(この討論会の動画はこちら、報告書はこちらに掲載しています。)

 放射線審議会におけるICRP勧告の取り入れの動向や、ICRPの新たな基本勧告の策定の動きをもにらみつつ、年間20ミリシーベルトや年間1ミリシーベルトといった放射線防護の基準やその決め方にいかなる問題点があるのか、それらをどのように変えていくことができるのか、市民科学の観点から見直していく連続シンポジウムを開催します。

 その第3回目は、ICRP勧告改訂草案へのパブリック・コメントにおいて多岐にわたる根本的な批判的コメントを提出された濱岡豊さんにICRP勧告の問題点について、ご自身のコメントがどのように反映されたのか、それとも反映されなかったのかということを含めて、お話しいただき、議論を深めていきたいと思います。

 ●第1部:
 連続シンポジウムの趣旨説明、およびICRP Pub. 146と福島原発事故――2021年2月の討論会での
 主として線量基準(線量限度)に関する議論をふまえて(柿原泰、瀬川嘉之)

 ●第2部:
 濱岡豊さん(慶応義塾大学商学部教授)のお話

 参考:濱岡豊「勧告改定草案における福島核災害の記述・取り入れの問題点」、『科学史研究』298号(2021年)、158-161頁。


   point日 時:2022年6月28日(火) 19:00~21:00

   point形 式:Zoomによるオンライン開催

   pointお申し込み:専用フォームに必要事項を記入して「送信」を押して下さい。
   お申込みと参加費の送金が完了した方には、6月28日(火)正午に、参加のための
   zoomのURLを送信いたします。

   point参加費:500円 (市民科学研究室の会員の方は無料となります)
   
※ご送金には次の3つの方法があります。
   1)オンラインによる送金(市民科学研究室PayPalにてクレジットカード使用)
   :6月27日(月)正午までに主催団体サイト内のPayPalのカートから
   2)銀行口座からの送金(市民科学研究室のゆうちょ銀行口座宛て)
   :6月25日(土)正午まで
   3)郵便振替による送金(郵便振替用紙を用いて窓口から送金)
   :6月25日(土)正午まで

2)および 3)の方法の場合、入金が確認できるまでに、送金していただいてから2,3日かかるため、
   6月25日(土)正午までに送金手続きを済ませてください。
   詳しくはこちら(入会と会費について)
ご覧ください。

   主催:市民科学研究室低線量被曝研究会

   協力:原子力市民委員会、原子力資料情報室、国際環境NGOグリーンピース・
   ジャパン、国際環境NGO FoEジャパン、高木学校、「チェルノブイリ被害調査・
   救援」女性ネットワーク、放射線被ばくを学習する会

   point連続シンポジウム これまでとこれから
    第1回 帰還困難区域からの避難者の経験から見る

   【第1回目の資料と動画】(準備中)

   ・発表スライド「ICRP Pub.146と福島原発事故―問題点の概説」(瀬川嘉之)はこちらで公開して
   います。

   ・第1回目の動画は、第1回目の参加者は無料で視聴ができますが、参加していない人が視聴するに
   は、こちらのサイトに記した所定の手続きが必要となります。
   第2回 区域外避難者の経験から見る

   【第2回目の資料と動画】(準備中)
   ・発表スライド「福島原発事故を踏まえたICRP Publ.146 に関するICRP委員との討論会」
   (瀬川嘉之)はこちらで公開しています。

   ・第2回目の動画は、第2回目の参加者は無料で視聴できますが、参加していない人が視聴するに
   は、こちらのサイトに記した所定の手続きが必要となります。

   第3回 線量測定、線量基準の問題を中心に(今回)

   第4回 放射線防護のあり方、基準の策定過程を問い直す――総合討論(7月頃開催予定)
<参考情報>
「ICRP新刊行物と福島原発事故における放射線防護――作成にあたった委員を招いてのオンライン討論会」(2021年2月20日開催)
討論会報告書(2021年10月刊行)
ICRP Publ. 146「大規模原子力事故における人と環境の放射線防護」(暫定日本語訳)
・ICRP 基本勧告の改訂に向けた論文とワークショップについて
「ICRP 勧告を目的に適合させる」(日本保健物理学会による仮訳)
「放射線防護体系を支援するための研究分野」(日本保健物理学会による仮訳)
NPO法人 市民科学研究室について
カテゴリー: 協力イベント   パーマリンク